【東京女子限定】エピテーゼ体験教室イベント【受講者さまの声】








【エピテーゼ体験教室とは】


エピテーゼを「つくる」体験ができるイベント教室です。


エピテーゼとは、事故や病気で体の一部をなくされた方に、見た目と心を取り戻すためのアイテムです。

例えば、交通事故やお家の中の事故で「指」を切断されてしまった方に、見た目そっくりな「指エピテーゼ」をお創りし、お客様のコンプレックスを経験させるアイテムです。


しかし今の医療は、命さえ助かれば見た目が変わってしまっても仕方がないという古い考えなため、お医者様も知りません。



ですから、私はこの「エピテーゼ」の情報をを困っている方に届けたい。また作れる人を増やしていきたいと思い、イベントを開催しています。




次回のイベントはこちら



【8月の受講者さま】


ネイリストさんが参加してくださいました。

私のInstagramを見てくださったようで、とっても嬉しいです。



受講してくださったネイリストさんは「福祉ネイル」という活動をされてるそうです。

主に認知症の方に「ネイル」を施すことで五感が刺激され、脳が活性化するそうです。


素晴らしい活動ですよね。


私が目指す「エピテーゼの世界」と近いところもあり、トークが盛り上がりました。





【受講者さんの声】

・とっても楽しめました。

・初めでしたが、5色で指が出来上がって感動しました。

・不器用でしたが、ちゃんと指になった。

・テレビでエピテーゼを見て気になってたんです。

・エピテーゼの技術を今の仕事に役立てたいと思って参加しました。

・見えないくらい、色を付けるだけで本物ぽくみえる。

・女性だけだから安心でした。



こんな感じでワイワイ楽しんでいただけました。

みなさん、ご自分の「指」を作り上げて大満足のご様子。 大盛り上がりで、私も嬉しかったです。


【まとめ】

障害と言われるワードに変化が起きています。


例えば、

「薄毛」に悩まれている方は「ウイッグ」でカバーしてオシャレが楽しめるようになりました。


「杖」が必要な方は「杖をデコったり、カラフルな絵柄」でファッションや気分に合わせられるようになりました。


「義足」もシドニーパラリンピックから、ペイントして「魅せる」アイテムとしてモデルさんが増えてきました。


有名ブランドのモデルさんもダウン症の方を期用していたりもします。




時代の変化と共に、ただ隠すことから、おしゃれになれるアイテムとして変化しています。

エピテーゼも、ネイルやファッションとして楽しめるようなアイテムとして広まる広まる事を願い活動しています。




興味深いなと思われたり、作ってみたいなと思われたら、ぜひフォローしてください。



最後までお読みくださりありがとうございました。




次回のイベントはこちら

17回の閲覧

© Nov 3rd 2019  by epiteschool

Proudly created with epitemiyabi.Ltd

ヘッディング 5