【あなたは何タイプ?】起業家の種類を解説

最終更新: 11月6日



こんにちは。

エピテスクールのみやびです。


あなたは「起業」に興味があるかしら?


なんの特技もないし、私なんか起業なんて夢のまた夢

でもいつか、チャンスがあれば起業してみたいなって妄想している女子も少なくないはず。



今回はそんな意識高い妄想女子に向けて、「起業の種類」について解説します。





ところで、起業って何でしょう?

時々、ニュースなどで言っているけど、よくわからないという方のために一言でいうと、



「起業」とは自分で新しく事業を始めることです。
新しい価値やサービスをつくりお客様に提供する人のことを「起業家」と呼びます。




起業は事業の内容により、分類分けをされています。

もし、あなたが将来起業をしたいなと思っているのならば、どの起業に当てはまるのか先に知っておいても損はありませんよ。











1.商品(プロダクト)系

これは「商品」を仕入れたり、作ったりして、それを販売する起業形態です。






2、スキル系

これは自分にスキルがあって、それを提供する起業形態です。

例えば、ライティングやホームページ、アプリ開発などです。





3、ノウハウ系

これは教育系の起業形態です。

例えば、セミナーや情報商材などです。





4、場所・出会い系

これは場所を提供したり、出会いをつくるコミュニティの起業形態です。

例えば、サークルや街コン、フリースペース管理などです。







では、次にあなたはどんな「起業家」タイプなのか、見ていきましょう。










1、 素早い動きなら誰にも負けないー王道の起業家タイプ


―目にも止まらない速さで、物事を見抜き進めていくスキルはピカイチ。

常に素早い修正を加えていき、急速に拡大するベンチャーの起業家タイプです。




2、ちょっとだけ冒険ー社内起業タイプ

社内起業家とは、大きな企業の中で積極的にリスクを負いつつ、イノベーションを重ね、アイデアを利益がでるまでに形にする起業家のことです。


大きな会社に属しているので、経費や福利厚生、使える人材も豊富にあるので、リスクが少なく安心して起業できます。






3、全ては愛に始まり愛に終わるー非営利起業タイプ

非営利とはNPOやNGOとして起業するタイプです。

少し前までは非営利なのに、ビジネスとしての立ち位置はおかしいという考え方もありましたが、今では新しいアイデアを出しながら活躍できる立派な起業家の分類です。






4、社会の困り事を解決するー社会起業家タイプ

社会の困りことを私のアイデアやサービスで解決してみせる!というのが社会起業家タイプです。これは非営利と思われますが、しっかり利益をだしながら(株式会社)なおかつ社会に貢献するという考えです。










まとめ


さあ、あなたはどのタイプに当てはまりましたか?

ひとことに起業といっても、さまざまなタイプがあることがわかりましたね。

既に自分がもっている知識やノウハウを販売すれば、明日から起業家になれちゃうかも。



まだ何が良いかよくわからないけれど、今の不安を取り除きたいと考えているあなたは、「エピテニスト」なんてどうかしら?

事故や病気で体の一部をうしなってしまった方に、「エピテーゼ」というリアルな人工ボディをオーダーメイドでお創りし、体と心の回復を目指すものなの。



誰かの役にたちながら、しっかり収入にもつなげたいという欲張りな女子には、将来社会起業家になれるための準備をお勧めします。



《エピテーゼ製作体験&スクール説明会 》のお申込みはこちらからどうぞ。








最後までお読みくださりありがとうございました。










5回の閲覧

© Nov 3rd 2019  by epiteschool

Proudly created with epitemiyabi.Ltd

ヘッディング 5